車売るなら車買取査定でお得に下取り?

車を買い替える場合、もしくは車を売る場合、現在乗っている車を出来るだけ高く売ることができたり、または高く下取りに出せたら良いだろう。新車購入時には愛車を下取りに出す方が多いだろうが、一般的に下取りより中古車買取業者に売る方が、買取価格の相場は高めになっている。

これまで車を買い替える場合は、ディーラーに下取りしてもらうことが一般的だったが、車種によっては、下取りよりも、車を買取ってもらう方が高く売ることができる場合も少なくない。

下取りの場合は、値引き交渉の一環として行われるので、下手をすると、値引きは大きいのに下取りではかなり損をしたと言う話は少なくない。

逆に言うと、人気車種などで値引き額が大きく出せない場合、下取り額を大きくして貰うことで、トータルの支払額を抑えるという交渉も可能なのだ。

しかし、そういった交渉をできるのも相場を知っているからこそ。

買い取り価格の相場が分からないことには、無謀な額を要求してセールスマンをしらけさせてしまいかねない。

そこで、おすすめしているのが、中古車査定。

ガリバーなど有名な中古車買取業者の査定が一括で受けられる一括査定なら簡単だ。

これでおおよその相場を知っておけばいいのだ。

一括査定だから、断るのもそんなに難しくない。他の方が高いから!!!と言えば済む話だし、もし、粘るようなら高い金額で買い取って貰えればそれはそれでよし。

車の買取査定方法

車の買取には、車種や年式、走行距離、新車を登録した時期、次の車検年月…などが重要となってくる。

もちろん、素人ではなかなか判断できない、プロに査定をしてもらわなければならない。

車種・年式・走行距離等で、インターネットである程度の査定の目安はつくが、詳しいことは判らない。

査定をし、細かな部分までしっかり見てもらって、そして売却額が決められます。その額が、車の買取額になるわけだ。

ただ、車の買取業者は幾つもあるが、それぞれでその査定は異なっているから、出来ることならば数社に車の買取の見積りを取ってもらう方がいい。

査定方法のみならず、買取業者が買い取った後、その車をどのように捌いていくかによっても、査定価格は変ってくるから、全く同じ査定だとしても、買い取り価格が同じとは限らないのだ。

だから数社に見積りを出してもらい、そのなかから車の買取額が一番高いところを選ぶというのが良さそうだ。

今は、車を買取ってもらうためのその査定は、車の買取業者のサイトでそれぞれ査定してもらうこともできるが、一括査定サイトで行う方が一般的だ。同じ項目を何度も入力するのは面倒だし、一括査定なら、最初から、買取業者も競合していることが分かるから、舐めてかかってくることも比較的少なく、どの買取業者もわりと高めの見積もり金額になっている。

必要事項を漏れなく入力することで、一括査定サイトに登録してある車の買取業者にその情報が送られ、折り返し査定結果をメールなどで返信してくれる。それを元に比較するということになる。

もちろんそれは、インターネットを通じての、情報だけによる査定だから、気になった車の買取業者があれば、こちらから連絡をとり、実際に車を見てもらうことになる。

余談だが、車の買取の際、傷や凹みがボディにあった場合、それを直さずに査定してもらう方が良い。

というのも、傷や凹みを修理したところで、その修理代というのは、車の買取額に上乗せされるわけではなく、大抵の場合は修理代分がマイナスになってしまうのだ。

自分で傷を目立たなくさせたりすることができるのならやってみても良いだろうが、わざわざ修理に出すのはオススメできない。

2015/04/24 14:03:45