エクシーガがフルモデルチェンジでエクシーガ クロスオーバー7として登場

エクシーガ クロスオーバー7
エクシーガ クロスオーバー7
スバルのエクシーガが2015年4月16日フルモデルチェンジしてエクシーガ クロスオーバー7として登場した。噂より随分早い印象だ。

2013年の東京モーターショーのクロスオーバー7 コンセプトがベースの7人乗りSUVとなった。下記のクロスオーバー7 コンセプトの画像と比べてもらうと分かるが、大きな変更はなかったようで、ぱっと見た感じは、同じように見える。

エンジンに、173PSの2.5L NAで燃費は、13.2km/Lとなっている。予想されていた1.6Lターボ、2.0Lターボは今回は登場していないし、燃費も予想より下回っっている。今回は、この1グレードだけとなっているので、今後登場する可能性はあるのではないだろうか。

クロスオーバー7 コンセプト
クロスオーバー7 コンセプト

ボディサイズは全長4780×全幅1800×全高1670mmとなっており、クロスオーバー7 コンセプトより、若干全高が低くなったくらいだ。ほぼ噂通りである。

スライドドアは、噂通り、搭載されなかった。良くも悪くも、クロスオーバー7 コンセプトがそのまま登場してきた印象だ。よく言えば、コンセプトモデルの完成度が高かったということなんだろうが、月販600台が目標という話もあるようなので、少々やる気不足を感じてしまう。

価格は2,754,000円だからかなり押さえ込んできたというところだろうか。

2016年に噂されているマツダの次期プレマシーとライバルになりそうだがスカイアクティブ-G搭載で42.8kgmというトルク、燃費も20km/Lを超えてきそうだから、少々厳しい戦いになるのではないだろうか。

しかしプレマシーは、クロスオーバーSUVとなったエクシーガのライバルにはならないのかもしれない。それよりクロスオーバーSUVになると噂されている次期MPVが2015年秋にも登場する可能性がある。こちらの方がライバルになるのかもしれない。

これらに先行する為に少しフルモデルチェンジを早めて登場させた・・・という印象さえある。

以下、以前書いた「エクシーガ フルモデルチェンジの噂」記事

スバルが販売する3列シートのミニバンであるエクシーガは、2008年に発売開始されましたが、これまで毎年、年次改良は実施されていますが、フルモデルチェンジは行われていません。

スバルMotion-Vによると毎年フルモデルチェンジを行うとされています。

2014年スバルは、レヴォーグの販売を開始し、また、レガシィ/アウトバックをフルモデルチェンジしましたので、2015年のフルモデルチェンジする車種はどれかと言うことになるのですが、インプレッサ、フォレスター、WRX、レガシィと主力がフルモデルチェンジを済ませていますので、残るはエクシーガと言うことになりそうです。

ここで、気になるのが、エクシーガがどのような変化を遂げるのか?ということです。

次期エクシーガとしては、3つの噂が錯綜しています。

スバルは現在北米市場を中心にかなり好調な経営をしており、そのため、北米市場をにらんだ車に変わる可能性があります。だとすると、東京モーターショーで発表された「クロスオーバー7」をベースとしたSUVテイストの3列シート車ではないでしょうか。SUVに力を入れているスバルですから有力です。

現在スバルは、アメリカのインディアナにある工場ではトヨタ車のカムリを受託生産していましたが、この終了が正式に発表されています。となると、この工場が空きますので、アメリカ向け車種の生産される可能性が高いと考えられます。

かつてトライベッカというSUVテイストの3列シート車を販売していましたが、このトライベッカとエクシーガの融合がクロスオーバー7であり、エクシーガのフルモデルチェンジ後の姿だというのが有力情報の一つです。

一方で、レヴォーグを発売したこともあり、スバルは日本市場を無視していないとも思えますので、となると、現状のエクシーガをベースにフルモデルチェンジという説です。雑誌などでスクープ記事として紹介されることもしばしばあるので、全くない話ではないようです。

全体的に、大型化し、日本ではニーズの高いスライドドアを採用するという話も出ています。イメージとしては、フルモデルチェンジしたホンダのオデッセイや、マツダのMPVあたりが近いでしょうか。スバルが発売する以上、走りにも手抜きはしてこないでしょうから、車重の重くなるスライドドアはちょっと微妙なところかもしれませんし、そもそも「大型化し・・・」としている時点で、クロスオーバー7のことを指していると思われます。

3つ目としては、エクシーガ廃盤説です。エクシーガの販売実績はかなり悪いので、なくしてしまおうということです。トヨタのエスティマのOEMになるなどの噂があります。しかし、この説の場合、スバルMotion-Vの2015年のフルモデルチェンジがどの車種なのか?という疑問が出てきますので、可能性は低いのではないかと思われます。

そんな中、2014年8月に年次改良され、特別仕様車エアブレイクと、新グレードが設定されることが発表されました。ミニバン市場が縮小しているためこれまで7グレードだったのが4グレードに縮小したとのことです。販売目標も400台とかなりモデル末期な感じです。

このことからも、フルモデルチェンジがあるとすれば2015年です。ちなみに、Motion-Vでは2014年に新コンセプト車を発表することになっていて、これはレヴォーグのことだったわけですから、クロスオーバー7は、新コンセプトというよりは、エクシーガのフルモデルチェンジ後と考えるが順当でしょう。

というわけで、クロスオーバー7の仕様ですが、4789x1800x1705mmと現行エクシーガよりやや大きくなっています。7人乗りで、2.5リッター水平対向エンジンにCVT、ダウンサイジングターボもありそうです。

スライドドアですが、クロスオーバー7は、東京モーターショー出展時にスライドドアではなかったわけですが、一方で既にかなりの完成度だと言われた(ホイールなど洗練されていない部分も多々ありましたがw)こともあり、スライドドアの採用はかなり微妙な感じです。

2014年11月6日追記

ここに来て、ますますエクシーガのフルモデルチェンジが現実化してきました。2015年7月当たりという話まで出てきています。

やはり、クロスオーバー7がベースとなるようです。170ps、1.6Lターボが載って、燃費が17.0km/Lとの噂です。

スライドドアについては、やはり否定的な意見が大半ですね。そうはいっても、居住性については、ある程度考慮されるのではないかということです。

2015年03月01日追記

エクシーガのフルモデルチェンジについては、各誌、2015年は例年通りの年次更新をして、フルモデルチェンジは2016年の見解が多いようです。

ところが、これだと、Motion-Vにおける2015年のフルモデルチェンジはどの車種だ?ということになります。ですから、当サイトでは、エクシーガを2015年フルモデルチェンジ説を続けたいと考えています。各誌の予想を参考にすれば、「エクシーガのフルモデルチェンジは2015年度!」と、2016年春までに幅を持たせてしまおうか?

ところで、新型エクシーガのスタイルが次第に、噂が出てきています。

全高は、1650mmと、クロスオーバー7より低くなり、より走りを重視したスタイルになる模様です。低床化されるとはいえ、多少、室内スペースは犠牲になりそうですが、スバルのミニバンらしいといえそうです。故に、ビルシュタインのショックアブソーバを装着したモデルも登場しそう。

レヴォークがベースになりそうだということで、エンジンは、1.6Lターボ、2.0Lターボ、2.5LNAがそれぞれ載り、燃費は17.0km/Lとなかなかよさそうなです。ただし、価格は、かなり高めになりそうで、280万~360万円辺りでしょうか。

2015/04/17 8:48:04

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

  • プレマシーのフルモデルチェンジは2016年3月と予想したが…プレマシーのフルモデルチェンジは2016年3月と予想したが…
    マツダのミニバンのプレマシーは2010年にフルモデルチェンジを実施している。およそ6年周期でフルモデルチェンジをしているプレマシーの次期フルモデルチェンジは2016年3月だと思われたがマツダがミニバン市場撤退も噂もあり・・・
  • エスティマのフルモデルチェンジは2018年か?エスティマのフルモデルチェンジは2018年か?
    トヨタのエスティマは既に10年経過しておりフルモデルチェンジの噂が絶えないと同時に売れ行き好調なためフルモデルチェンジが伸び伸びになっている。2016年もマイナーチェンジということでフルモデルチェンジは17年以降となる。
  • フォレスターのフルモデルチェンジは2016年秋!フォレスターのフルモデルチェンジは2016年秋!
    フォレスターに早くもフルモデルチェンジの噂が流れている。さすがに早すぎるし、ハイブリッドモデルとなる噂から、インプレッサ同様ハイブリッド車の追加というのが噂の真相かもしれない・・・随時更新中!